So-net無料ブログ作成

買っちゃいました! [「初音ミク」奮闘記]

「ヴォーカルを合成できるDTMソフトがある!?」

以前からMIDIでのDTMはやっていて、
声の部分は当然楽器で、何とか声に似せようと悪戦苦闘っっ・・・
なんてことをしていました。

これが本当の声(らしく?)聞かせることができる、となれば
興味がないわけありませんっ[exclamation]

ということで、ほぼ衝動買い(笑)

3.jpg4.jpg

と言いつつ、事前にサイトの方でかなりチェックしましたけどねw

DTMソフトにしては、パッケージがカワイイ!

http://www.crypton.co.jp/mp/pages/prod/vocaloid/cv01.jsp

デモソングで聞く限りでは、機械っぽさはあまり感じずに
人が歌っているらしく聞こえる。
とてもいい感じです。

ピッチやビブラートなどかなり細かい調整もできるようで、
使い勝手はMIDIとかなり似ていそう。


早速インストールして、デモを聴いてみることに・・・


ちなみに、推奨環境は
Pentium4 2.8GHz, Windows XP / VISTA, RAM 1GB以上

だそうです。私の環境はというと・・・

5.jpg

ん~、CPUがちょっともの足りないかも(汗)
でも、最低スペックの2GHz以上は満たしているから、いちおう大丈夫!
のんびりといきましょう(笑)


・・・あれ?CDにデモソングが収録されていない!?

サイトからダウンロードするのね(汗)

http://blog.crypton.co.jp/mp/upload/2007/09/miku_bonus_files.zip

・・・ファイルを読み込んで、いざ再生っ!


ん?

6.jpg

"ReWire"って、何者!?

どこかで見たような・・・あ、インストールのときに。
サウンドカードの設定ですね。

7.jpg

私は "SB X-Fi Audio" を使っているのでコレを選択。
合成エンジンのサンプリング周波数も、SB最大の96000Hzにしてみました。
ザラつき感が少しは減るかな・・・


ようやく再生w

8.jpg

おぉ!mp3のデモソングと違って、エフェクトがかからない生の声なのね(汗)
でも予想をはるかに超えるクオリティ!!とうとうDTMもここまで来ましたかぁ~。

画面の下にベロシティとかダイナミクスとかの情報がグラフ表示されているのですが・・・
やっぱりかなりいじってありますね。
他にも、見えていないところにも色々と設定があるようです。


う~ん、しばらくはマニュアルと格闘ですね(汗)


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。